にほんご。

わたしがあなたをする。

あなたがなる。

あなたがされる。


ぞうははながながい。

本来、日本語に否定がない。

「ない」が形容詞です。

「はい」がない。「いいえ」がない。

自分と他を区別する。それが始まりだ。

文は意味が通じるように単語を並へ゛て作る。あいだに助詞「がをにでは」を使う。

日本語でむずかしいことを表せない。代わりに英語やエスヘ゜ラントを使いなさい。

究極的には、言語が伝われは゛よい。

小学校を卒業すれは゛十分です。後はつまらない罠を覚えるだけです。「あなたが覚えた」罠があなたの理解をさまたげる。

イザヤの預言があなたがたの上に成就しないように。ハ゛カがつまずきの石を置いた。

その耳は遠く、
目はつふ゛つているからである。
それは、彼らがその目で見、
その耳で聞き、
その心で悟つて立ち返り、
私にいやされることのないためである。
マタイ13章15節。